耕作放棄地をゆず畑に!川根本町を元気にしたいエナジーファームの挑戦

静岡県川根本町の「株式会社エナジーファーム」さんは、耕作放棄された農地をゆず畑として再生しています。
川根本町ゆずの生産で川根本町を元気にしたいと挑戦を続ける、生産・商品開発担当の遠藤さんにお話をお聞きしました。

高齢化と過疎化による耕作放棄地を
ゆず畑に再生

エナジーファームさんのゆず畑は、住民の高齢化により耕作が難しくなった茶畑を再活用したもの。
高齢化と過疎化で耕作放棄地が増加している川根で、町に活気を生み出す新たな産業づくりとして、平成28年にゆずの栽培をスタートしました。

エナジーファームさんは、人のエネルギー源になる食べ物を生産加工することで、川根を活気に満ちた町へと生まれ変わらせることを目標にしています。

困難を乗り越え収穫した
川根本町ゆずを食卓へ

再生した土地でゆずが収穫できるまで、その道のりは困難の連続でした。栽培のノウハウを学び、イノシシやシカによる農作物被害対策や、土壌の改良などに奮闘。
4年をかけて、香り、糖度、酸度も申し分ない川根本町ゆずが、年間750kgまで収穫できるようになりました。

手塩にかけた川根本町ゆずを、食卓に届けるため開発したのが「川根の山のゆずポン酢」や「大吟醸冷やし柚子甘酒」です。「10人食べたら8人がおいしいと言う物を」という目標で作られた商品は、そのおいしさで着実にファンを増やしています。

川根本町ゆずで町を元気にしたい

「川根本町ゆずの栽培は、町おこしの面もあります」と話す、遠藤さん。スタートから4年経ち、現在は若手の社員も加わり、一緒に生産を広げているそうです。
耕作放棄地を再生し、川根本町ゆずの生産を盛り上げることで、若い世代も活躍できる元気な町へ。エナジーファームさんの挑戦は、これからも続きます!

エナジーファームさんの「川根の森のゆずぽん酢」は、公式サイトにて通販できます。
「大吟醸冷やし柚子甘酒」は、静岡県島田市・藤枝市・焼津市・牧之原市のまんさいかんにて販売中です。エナジーファームさんの川根本町ゆず商品を、ぜひ一度味わってくださいね。

よかったらシェアしてね!